統合失調症の治療法としていくつかありますが、ここでは2つ挙げてみたいになるものです。 ・作業療法 ・心理療法 まず、作業療法についてですが、ストレス(原因となるものをストレッサーと呼びますが、ストレッサーがない状態もまたストレスになるようです)の元となる原因や(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)そのものを減らして、精神状態の安定や思考のまとまりを手助けするという療法です。 その作業の内容としては、簡単なスポーツや陶芸、絵を描いたり園芸を行ったりする事が挙げられます。 そういった創作作業や単純作業、スポーツなどを行っていく事で他人との心の触れ合いが深まり、やがて精神を非現実から現実に戻す事へと繋がっていくのです。 作業療法は、精神的な病に対して効果が期待できる治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)と言われているようです。 次に、心理療法についてですが、薬を飲むのみではカバーしきれない心のケアや心の奥深くにある精神状態を落ち着かせるという療法です。 統合失調症(以前は精神分裂病と呼ねれていました)の患者は、本人が病気にかかっている事を自覚していない場合が多いので、きちんと認識させて、自分の病気としっかり向き合って治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を行うという働きかけを行います。 心の中に眠っている精神面の問題を解きほぐして、少しずつ回復へと向かうように治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)していくようです。 これによって、徐々に心にゆとりを持つ事ができるだといえると思います。 しっかり病気を理解し、真剣に向き合う事が重要ですー